読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■新宿セミナー@勝間和代にインディペンデントな生き方を学ぶ

紀伊国屋ホールのセミナーに参加してきました。
会場は、勝間さんにあこがれてる女性が多いからか、
女性比率が高い感じでした。
冒頭で勝間さんが会場でこれまでセミナー受講経験者などの
質問をされてましたが、30%前後の人が今回のセミナーが
初めてではないようでした。

◎内容は、勝間さん初の書籍インディペイントな生き方の
発売時の状況を説明していただきました。

今発売される書籍では、信じられない数字ですが、発売時には
二年間で一万部も売れてなかったそうです。
でも、今回 リニュアールをして販売すると10万部を超えた
 ↓
ただ、本をだすのではなく、戦略を考えないといけない。


黒木瞳さんへ書籍を献本した事の様子として
すぐに本の感想をBlogに書いてお手紙で三日で
お礼をいただいた事に感動したとの事。


◎インディとは?
1.年収600万以上
2.いいパートナーがいる
3.年を取るほど素敵になる
ウィンディとは?
1.独り立ちできる年収がない
2.パートナーがいないか、いても愚痴ばかり
3.年をとるのが怖くて、若さの維持にお金を使う


◎英語を学ぶ事はどれぐらいの価値があるのか?
 ↓
情報入手先、仕入先、販売先が入手できる
自由へのパスポート


◎日本の女性は、正社員より派遣社員を選ぶパターンが多い
 ↓
その方がランクの高い会社に勤務できるが、
結婚できないと不幸になる。


◎努力不足の4段活用
努力不足→責任転換→被害者→加害者
 ↓
うちの会社にも同様のスタッフがいますが、自分の非を認めず
責任転換に終始して、結果的にまわりへの加害者に
なっている事を気づかないと誰もその方の救済はありません。


仏教三毒(妬まない、怒らない、愚痴らない)追放。

◎ラテラル思考⇒「物事の抜け道、横道を探しなさい。」


◎「まじめで有能であれば周りから認められ、評価される」
  ↓
他人はふつう自分に対して無関心なので、有能さをアピール
しなければならない


◎GIVEを相手に提供する。
人脈と情報を提供する。
そしてこれらは、減らない。


◎「水平思考」(正面突破ではなく物事の横道や抜け道を探す考え方)に
ついて本を1冊書こうとしてるそうです。


◎chabo!
その本の著者への印税の20%がNPOを通じて世界中の難民に被災民の
教育支援や自立支援に使われるプロジェクト
勝間和代さん、和田裕美さんなどが参加
http://jen-npo.org/chabo


最後にプレゼンの評ですが、すごくはっきり自信を持って話しており、
この辺が場慣れというか、自分で理論を組み立てても相手に理解させるのが
一番難しい部分ですが、この辺が自分が一番素敵と思った部分でもありました。

そしてそんな勝間さんは、来週には早速新刊発売です。
 ↓
6/15(日)発刊『勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力』

なんかパワフルで素敵な人だ。