読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総務省補正予算の見直し,携帯,クラウドなど情報通信関連の削減額判明

[速報]総務省補正予算の見直し,携帯,クラウドなど情報通信関連の削減額判明(IT Proより)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091016/338944/

■全体
3954.5億円の補正予算額に対し,1174.7億円が削減
削減率は29.7%

■「新たなワイヤレス・ブロードバンド環境を早期に実現するテストベッドの整備」
予算198.1億円に対して158億円(79.8%)が削減

■ICTの活用により安心安全な地域作りを目指す「ユビキタスタウン構想推進事業(地域ICT利活用推進交付金)」
予算195億円に対して,76.4 億円(39.2%)が削減

ユビキタス特区事業(ICT経済・地域活性化基盤確立事業)
44.9億円の予算に対して,9.4億円(21%)が削減

■「ブロードバンドゼロ地域の解消(地域情報通信基盤整備推進交付金)」
予算433.2億に対して削減額は16.9億円(3.9%)

■「携帯不感エリアの解消加速(地域情報通信基盤整備推進交付金)」
予算332.6億円に対して,削減額は3億円(0.9%)

■「電波遮へい対策事業費補助金
予算100.3億円に対して削減額はゼロ

■「クラウドテストベッド環境(次世代クラウド・シミュレータ)の構築」
(予算90億円)が全額削減

■「自治体クラウドの開発実証」
(予算20億円)は削減ゼロ

■「セキュアクラウドネットワーキング技術の研究開発」
(予算31.4億円)は削減ゼロ

■「国民電子私書箱関連ネットワーク基盤確立事業」
国民がインターネット経由で証明書発行や行政の手続きができるシステムの構築
(予算30億円)
全額削減

■「新しい公的個人認証システムの開発実証」
(予算77.9億円)
全額削減

■「情報通信研究機構における省エネルギー対策推進」(予算35億円)
全額削減

■地上テレビジョン放送のデジタル化によって空くVHF帯の一部を使う自営通信の「公共ブロードバンドシステムの早期導入のための実証実験」(予算19.3億円)
全額削減